タッチ決済対応自販機 ApplePayだと電子マネー優先

あまり自販機で購入することもないのだが、自宅近くに唯一あるコカ・コーラのクレジットタッチ決済対応自販機初トライ。

ApplePayのクレジットタッチ決済を試してみたら・・・なんと聞こえてきたのはQUICPayの音声。うむむ・・・クレジットタッチ決済ボタンを押したのだが・・・

マルチ決済端末の時には電子マネーを優先するような設定になっているのかわからないが、タッチ決済を試すならば物理クレジットカードにするのが良かろう。

まぁ通常は交通系ICカード/ID/QUICPayなど他の電子マネーが対応しているので、あえて使おうとしない限りタッチ決済は後回しなんだろう(対応機種も悲しいほど少ない)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

クレジットカードの利用通知メールが来ないケース

楽天カードや一部のJCB系列のカードでは利用するとメール通知する設定が可能である。

ただ、この通知であるが、すべての取引で通知が来るかというとそうではない!

長年に渡り、決済完了後利用可能金額が減るときと減らない時の調査をしているのだが、

決済時に利用可能金額即座にマイナスされるような取引の場合は通知がくる。

利用可能金額が後日ひかれるような取引(電子マネー払いやガソリンスタンドなど取引時点ではオーソリのみ)は通知が来ない。

おそらく通販も在庫確保の発送時までは決済しないはずだが、ここはまだ未調査

あとINFOX系の端末で店舗によっては即時に利用可能金額がひかれないので、これも利用通知メールは来ない。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

駐車場でのタッチ決済は良いと思う ひたち海浜公園にて

最近タッチ決済に注目しているからかもしれないが、タッチ決済をスタッフから勧めてくる場面に出くわすことが増えてきた。

ちょっと前はタッチ決済できるのにスタッフが知らないでこちらが教えてあげることが多かったのだが、徐々にタッチ決済が浸透してきているのだろう。

そして表題の国営ひたち海浜公園では海浜口を除く駐車場でクレジットカード決済が使えるのだが、ここでタッチ決済に対応しているということをいわれて初めて気がついた。

予め行っておいてくれればタッチ決済対応のカードを渡したものを!!その時は非対応のカードを渡してしまった後だったので暗証番号入力で若干時間がかかってしまった。

通常のお店よりも料金所みたいなところでタッチ決済のメリットが活きてくるので、ひたち海浜公園の駐車場ではタッチ決済を使いましょう!

カテゴリー: 未分類 | タグ: | コメントする

タッチ決済 使えるときはどんどん使って啓蒙しよう

かつて電子マネーが一般的ではなかったときはQUICPayがなかなか通用しなかったり、IDをEdyと間違えられたりした過去があった。

今や上記2大ポストペイに関してはすっかり浸透しているので、認識されないケースはほぼなくなっているのだが、タッチ決済についてはまだまだ浸透していない。

せっかく使えるのにタッチ決済を知らないのはもったいないし、使わないから店員も慣れないということがよくある。なので使える人は使って店員を啓蒙しましょう!

もちろんレジに余裕がある時に限るけど。

あとクレジットと同じ操作で払えるタイプなら、難易度は低い(クレジットと伝えればよいから)。別端末での操作が必要な店舗の場合はタッチ決済またはNFC PAYと伝えよう。

ちなみにタッチ決済になれているところだと、店員さんから「それタッチでいけますね」と言ってくれるケースもあるので、カードのタッチマークを見えるようにちらつかせてみるといいだろう!

カテゴリー: 未分類 | コメントする

詐欺メール対策 スマホを使わないこと!

詐欺メールは見る人が見ればすぐ見破ることができないのだが、ひかっかる人はおそらくほとんどスマホユーザではないのかな?

というのもURLのリンクをクリックするまえにPCであればリンク先のURLがわかる。そこで不正なドメインだと見分けがつくのだが、たいていのスマホブラウザやメーラーにはそんな機能がない。

URL文字列と実際のリンクが不一致である場合はほぼ詐欺と考えていいのにそれが見られないスマホを使うことがリスクである!

カテゴリー: 未分類 | コメントする

タッチ決済対応の自販機を初目撃

コカ・コーラ系の電子マネー対応の自販機は珍しくもなくなってきたが、クレジットカードのタッチ決済対応の自販機を初めて目撃した。

プレスリリースでは2020年4月から開始しているらしいけど、端末入れ替えのタイミングで登場しているのかこれまで見ることはなかったのでマジマジと見てしまった。

ちなみにVISA/Master/JCBなど主要ブランドのタッチ決済に対応。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

クレジット IC決済になり明細反映早くなった

クレジットカードの明細反映はタイムラグがあるのがどうもいやなので明細反映日をチェックしているのだが、以前に比べて早くなったと感じている。

それはICチップによる決済が主流になったからと思われ、タイムラグが10日以上になるケースはETCカードなどをのぞきほとんどみられなくなった。

以前は磁気スワイプの決済だと、後でまとめて売り上げあげるのかわからんけど、スーパーなどでは10日以上かかることも珍しくなかったのだが、IC化されたところは早くなっている。ガソリンスタンドなども同様である。

カード明細反映の早いJCBブランドであれば、2-4日程度で明細あがるし、それよりは遅い楽天カードでも4日、更に遅いAU Walletでも6日あれば明細が上がるようになった。

本音を言うと不正利用の早期検知のためには全部当日中に明細上がってほしいのだが。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

クレジットのタッチ決済 明細反映タイムラグは一緒

以前カワチ薬品を利用した時に、タッチ決済と通常のIC決済で明細反映日までの違いがあることを記載したが、その後タッチ決済を使ってみてそれは間違いであることが判明した。

クレジットのタッチ決済は基本的にはICチップの情報を非接触でやり取りしているだけなので、その後のオーソリや決済は通常のクレジットと同じルートを通る。つまり明細の出現までのタイムラグは普通にカードを通したのと同じ日数である(同じ店であれば)

では、なぜカワチ薬品では違いが出たのか?それはこの店はセルフレジと通常のレジで決済ルートが違うからである。セルフレジではCastle端末を使っていて、通常レジはCARDNETなので明細反映に差分がでていて、それはタッチ決済否かにかかわらないためでありました。

通常同一店舗でカード決済端末が違うということはあまりないのだが、後からセルフレジを導入した場合に端末が異なるケースも稀にある。その場合は決済ルートが違うので、同じカードを使っても明細反映日に差分が出てくるというわけである。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

AU 障害に学ぶ オフラインでも使えるキャッシュレス

長時間に渡るAU障害で明らかになったキャッシュレスのアキレス腱(通信環境)

無線通信している場合はしょうがないけど、一般的な店舗に関しては固定回線を引いていることがほとんどなので、端末側がオフライン決済できれば、今回の障害の影響は受けない。

まずApplePayやGooglePayやモバイルSuicaなどは端末側の情報を読み取って、その後通信するのは店側の機械なのでオフラインでも影響は受けない。実際今日オフラインにしてApplePay支払いが完了することを確認している。

対して、QR決済は常に通信が走るので回戦障害には弱い。というか前にも述べたがアプリ自体がバグ多いので常時使える信頼性はない!というわけでQR決済だけに頼るのは危険。

複数の決済手段(オフライン対応)+最低限の現金は持っておくのが危機回避というわけだ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

食べログの評価なんてそもそも当てにならない

いまだに食べログの評価点なんて気にしている人がいることに驚きだ。

嗜好が個人個人で違う以上、食べログの点数なんて気にしてもしょうがない。

点数を気にするのではなく何を書いてあるかで行くかどうかを考えればよい。

例えば喫煙の有無。嫌煙者であれば喫煙が大きなマイナスになるだろうし、愛煙家であれば大きなプラスになるかもしれない。

あとはさっと入りたい場合にカウンターがあるかどうかとか。

自分で評価軸を持っていれば点数などに惑わされることはないのだ!

カテゴリー: 未分類 | コメントする