クラウドファンディング 令和納豆事件から学べること

令和納豆が生涯無料のパスポートを特典として配布したのにそれを取り上げているということで炎上しているらしい。

しかし、生涯無料ってこんなの絶対続くわけがない、これだけで客寄せパンダ感があり、持続可能性に大いなる疑問が。

クラウドファンディングは通常融資が受けられない小規模事業者が以下にお金を集めるかというところなので、怪しい条件に踊らされないことである。

事業者も存続していかねばならないので、まともな事業者であればきちんと利益になるような特典にするべきであり、その点で令和納豆ははじめから終わりが見えていた特典ということになるだろう。

もっとも、レビューの評価を見る限り、無料パスポートでなくても散々なお店なので、ほとんどの人は生涯無料の特典を取り返すことがなく、閉店に向かうような気がする。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください