自転車べダル交換

バイクを買ったというので貸してもらっている自転車。
ギアチェンジするとチェーンが外れるとか買って二日目でパンクしたとかいかにもベトナムクオリティな自転車だが、徒歩よりも圧倒的に行動範囲が広がるのでありがたい。

調子に乗って飛ばしていたら、右側のペダルに違和感。
なんと!ペダルが割れやがっている。
今にも剥離しそうなのでホテル近くに戻って自転車屋をさがす。

I want to repair this.
といってみたけど、まったく英語は通じないので、
割れた部分を見せて直してとお願いしてみる。

すぐに店の置くからペダルを持ってきて、それをつけてくれるのかと思いきや
割れたペダルを持って自転車でどっかへいってしまった。
(多分同じペダルを買ってきてくれたのだろう)

10分ぐらいすると戻ってきて、新品のペダルを取り付けてくれた。
50万ぐらいとられるんじゃないかと思っていたけど、
値段的には75000ドンと部品代含めて300円相当と激安。

こいつには言葉が通じないと思ったのか、払う金額をまず自分のお札で示してくれるというやさしさ。いやーバイ(7)、ナム(5)っていってくれればわかりまっせ。でも千なのか万なのかはわからんけど(笑)

カムオーン、シンカムオーンとありがとうを連発して自転車屋去った。
これからはなるべくペダルをいたわるべく、たちこぎをやめようと思ったのであった。

しかしベトナム語のヒアリングは一生かかってもできる気がしないね。

カテゴリー: ベトナム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください