カード番号流出に巻き込まれる

これだけクレジットカードの流出事件が相次いでいるといつかはわが身に降りかかってくる。

9月に運営会社より、不正侵入があったのでパスワードを変更を促すメールがあり、
その後外部セキュリティ会社による調査の結果、サーバーに不正プログラムがあり契約者のクレジットカード情報が流出したとのこと。

対応としては不正利用を監視するしかないのだが、現在はWeb明細を自動でチェックするプログラムを作成しているので、見に覚えがない請求があった場合はすぐに気づくことができる体制になっている。

幸いにして流出したカードは来年12月に期限切れが迫っているし、月額料金の引き落としにも使っていないので、切り替える手間はないので再発行を依頼することも選択肢のうち。
(カード再発行手数料は発生しないように、運営会社から交渉しているらしい)

念のため、3Dセキュアで利用するパスワードを変更しておいた。

カテゴリー: 未分類 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください