物理QUICPay ApplePay GooglePay 同じ店なら明細反映日数は同じ

同じ店ならという前置きがポイントになるのだが、QUICPayにはスマホなどは不要の物理QUICPayカードとiPhoneのApplePayとして使うもの、AndroidのGooglePayとして使うものの3種類がある。

同じ店で利用してみたが、いずれのケースも明細が出現するまでの日数は同じだった。これはどの手段を使おうとも、クレジットカードの経路的にはQUICPayとして処理されるので後は一緒なのだろう。

なおQUICPayだとPostPay扱いのため利用時点では利用可能残高は減らず(通常のクレジットカードだと利用時点で利用可能残高が減る)、明細出現時点であわせて利用可能残高が減る。

カテゴリー: 未分類 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください