QUICPay 利用可能残高反映はリアルタイムではない

クレジットカードの明細反映は即時ではないのだが、後で売り上げを上げてくるETCやガソリンスタンドなどごく一部を除き、利用可能残高などは比較的早く(即時or1時間程度)反映されることが多い。

しかしQUICPayなどの電子マネー決済は別枠で後決済しているのか、利用可能残高が利用後に減ることはなく、反映のタイミングは明細反映時である。JCBプロパーカードの場合は約2日で反映される。

QUICPayはクレジットカード利用の明細よりは早いのだが、不正利用の検知が遅れるという意味ではちと問題である!

カテゴリー: QUICPay タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください