季節外れの雨と南風で営業縮小相次ぐ

いまだに全面滑走に至っていない湯沢エリアや白馬エリア。ベースエリアはクローズか滑れたとしても土だらけで圧雪車が入れずにぼこぼこだったりします。

標高の低いところが28日よるから29日にかけの雨で融雪が進み、今日30日からNASPAスキーガーデンがクローズになりました。その他の湯沢エリアのゲレンデ、上部エリアは大丈夫ですが、ベースエリアを滑れるところは北向きゲレンデの神立ぐらいで多くはありません。

今週末にかけて冬型とのことで豪雪を期待しましょう。とにかく雪の貯金が一回できればしばらく(このままだともって3月初旬でしょうが)営業できるはず。

カテゴリー: 2019-2020, 降雪情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.