佐久 スキーガーデンパラダ 混雑 リフト待ち情報

ほかのゲレンデと比較すると佐久スキーガーデンパラダのゲレンデの混雑度はそれほどひどくありません。ただしバスツアーが多いため、到着時一斉に皆が行動するとどこでも待ちが発生し、混雑していると感じるので、実際の入場者よりも混雑していると感じることが多いです。

北パラダ、南パラダと二つのベースに分かれており、スキーツアーバスが発着する北パラダが圧倒的に混雑します。

この規模のゲレンデにしてはツアーバスが多いですね。4,5台着ているのを見たことがあります。
ついたらすぐにレンタル手続きを行いましょう。レンタルは混雑しますし、最盛期だと品切れ(スノーボード)が発生する恐れがあります。

一方ツアーバスが到着しない南パラダにいけばリフト待ちやゲレンデ混雑はないといっていいでしょう。キッズランドはそれなりに賑わってますが。

北・南パラダの往復には中級以上の実力が必要ですが、シャトルバスを使えば滑る必要がないので北に来た人も南へ移動することをお勧めします。 基本的に初心者から中級者向けのゲレンデなので、初心者コースとそのリフトは混雑。一本上に乗り継いで上がる上級コースとそのリフトは比較的あいてます。中級者以上の方は昼時以外下に降りないようにすれば、リフト待ち無縁で過ごせるでしょう。

リフトは全てペアリフトで定員乗車の誘導などは行っていないので、2月の最混雑時はリフト待ち行列が伸びます。

カテゴリー: 長野 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.