過去のデータから読み解く 晴天率の高いエリアは蓼科エリアに決定!

晴天率のキーワードで検索して訪れている方が多いようなので、POP SNOW&SUMMERのサイトから去年のデータを集めて、2月で晴天率の高いゲレンデを列挙してみました。

ゲレンデの後の数値が晴天率です。

池の平スノーパーク(旧:白樺リゾートスキー場) 90
佐久スキーガーデン「パラダ」 90
しらかば2in1スキー場 86
白樺高原国際スキー場 86
富士見パノラマリゾート 85
シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳 83
蓼科東急スキー場 81
みなかみ町営赤沢スキー場 80
会津高原だいくらスキー場 80
パルコール嬬恋スキーリゾート 80
アサマ2000パーク 80
富士見高原スキー場 80
湯の丸スキー場 80
ブランシュたかやまスキーリゾート 78
エコーバレースキー場 76
ピラタス蓼科スノーリゾート 75
カムイみさかスキー場 75
ファミリーゲレンデ霧ヶ峰スキー場 75
小海リエックス・スキーバレー 74
万座温泉スキー場 71
かたしな高原スキー場 70
マウントジーンズ那須 70
白樺湖ロイヤルヒル 70

やはりこのデータを見ていると内陸部の蓼科エリアに晴天率の高いゲレンデが集中していることがわかります。この晴天率はゲレンデによる自主申告の一面もあるので、うのみにするのは危険ですが、エリア単位でみるとくっきり明暗が出ますね。

というわけで天気が良いゲレンデを求める方は中央道か上信越道で蓼科エリアのゲレンデをチョイスしてみてください。

カテゴリー: 上信越道, 長野 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.