正月に入っても雪不足継続

2015-2016シーズンは過去最悪レベルの雪不足シーズンとなっています。

28日までに大体のところはオープンできたのですが、いまだに一部コースのみというところが多いです。
その中で比較的積雪があるのは湯沢エリアでかぐら、奥只見、上越国際、神立高原、舞子スノーリゾート、岩原などが全面滑走可能です。

白馬エリアは栂池高原、五竜47が全面滑走可能。その他は最下部が滑走できなかったりしてまだまだです。

群馬エリアのビックゲレンデはまだ急斜面などの積雪が不十分で全面オープンには程遠い状況です。

一部ゲレンデでは、リフト券も割引になっているので、事前によく調べて訪問しましょう!

カテゴリー: 営業情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.