今週以降も営業をしているゲレンデ

記録的な雪不足シーズンとなった2015-2016シーズン

先週8日のシャルマン火打の公式ブログによると、今の状況はGWの初日(つまりは4月下旬)に近く、おそらくGWまでは営業できないだろうと赤裸々につづられていました。

たしかにどのゲレンデもなんとか3月の3連休を乗り切ったあたりからクローズが目立つようになりました。
4/24まで営業予定であった神立高原も雪不足には勝てずに4/5をもって営業終了。
延長営業を表明していたエコーバレーも高温の雨により延長営業はあまりできぬまあ営業終了。

残るはかぐら、GALA湯沢、奥只見丸山
長野北部は志賀高原の一部と野沢温泉上部
白馬は白馬五竜47、八方尾根、栂池高原
妙高は関温泉、シャルマン火打
群馬は丸沼高原を残すのみとなっています。

気温の上昇次第でGWを待たずしてクローズになる可能性も多い上に、
急斜面では土が出ているケースがほとんどなので、HP上で情報を確認の上お出かけください。

カテゴリー: 営業情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.