nanaco 一枚で10万円までの公共料金払い手順

今まで二枚技で乗り切っていたけど、訳あって一枚に10万円までチャージしたnanacoで払うことに。

ネットで得られた情報を頼りに、事前にその情報を表示しておきトラブルに備える周到さ。

まず、普通にnanaco払いとだけ伝える。5万円以上の場合は残高不足で赤いランプとエラー音が付くが、これは従業員と客の両方に注意喚起させるためのもので、想定内である。

「そのまま確定を押してください」
「そしたら保留を押して、残高確認してもらえますか?センターに残額があるので」
nanacoに残高が移ったのを確認して(音で判別するしかないが)
「保留解除して、nanaco払いを押して下さい」
ここでセンター預かりから反映された5万が会計に利用される。

ようやく残高が0になったので、ここで終了。レシートには残高確認のステップは現れないようだ。
かなり難しいテクニックだが、押すボタンを教えてあげればどんな店員でも対応できるだろう。

カテゴリー: 未分類 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください