QUICPayなのにQuickじゃなかった話

前回の投稿でQUICPay on GooglePayを導入した話をしたが、
一個だけでは不安なので(最近不安定なSH-M05かつ紐づけ先がバーチャルカードなので!)もう一店舗で検証。

最近ではQUICPayの場所がコンビニ以外にも広まっているのでありがたい。そしてコンビニは今後も割とよく使うので検証対象からは外した(これが裏目に)

今回の検証対象はドン・キホーテ

マルチ決済端末が導入されており、交通系ICやらEdy,ID,QUICPayは対応している。

しかーし、レジでまさかの事態発生!
QUICPayで支払う旨を伝えると、どうもあまり使われていないらしく別のところに電話を掛けながら、
進めている。普通なら現金に切り替えるところだがGooglePayの実証実験も兼ねているので待つ。

結局3分ぐらいたって決済完了。これは後付けのレジにはよくあることだが、レジ本体と連動機能が貧弱で、金額を手動入力する必要があったりするためである。レジの店員にはオペレーションが増えるし、たまにしか使われないしで覚えるのが大変だろう。

カテゴリー: QUICPay パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください