2019-2020シーズンは記録的雪不足シーズン決定

記憶にある限りここまで雪不足だったシーズンはなく、2006-2007シーズンをはるかにこえる雪不足シーズンとなることが確定しました。

雪不足シーズンであった2006-2007シーズンでも全ゲレンデが営業できなかったゲレンデはあまりなく、一部滑走不能が目立つ程度でしたが今シーズンは天然雪に頼るゲレンデかつ、気温が高いエリア(西日本や標高の低いエリア)の雪不足が目立ちます。

安定して雪が降るのは2月中旬までなのでまだ期待は捨ててはいけませんが、シーズンが短くなる見込みと今後の水不足になることは確実でしょう(冬の間に山に雪の形で水が蓄えられ、梅雨まで持つという自然のサイクル)

カテゴリー: 2019-2020 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.