スノーパーク尾瀬戸倉 日帰り温泉情報

スノーパーク尾瀬戸倉の日帰り温泉情報です。

県道63号(最後に左折する付近)に尾瀬ぷらり館 戸倉の湯があります。
こじんまりとしており、食事どころなどはありませんが、ほんのり硫黄の香りがする本格的な温泉です。

惜しむらくは更衣室も洗い場も湯船も狭くて、イモ洗いになると大変そうですが、ここは尾瀬戸倉以外の客は来ない日帰り温泉なので、去年訪問した時は同時に4人程度でした。

後の日帰り温泉は国道120号線沿いになりますが、ここはほかの尾瀬エリアの客も合流するので混雑しています。
列挙するとわたすげの湯、道の駅白沢の望郷の湯が120号線沿いです。

ちょっとそれてもよいなら、初穂カントリー倶楽部内にある初穂の湯が白沢望郷の湯の源泉となっており、こちらはメインルートの120号から入る必要があるのと冬季はゴルフ客が少ないので、穴場です。

スノーパーク尾瀬戸倉 取材レポートへ戻る

カテゴリー: 群馬, 関越道 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.