草津国際スキー場 春スキーの営業内容

2015/03/28日に訪問してきましたのでその時の混雑状況や雪の状況をレポートします。

今年は雪が多いので、急斜面を含め土がでているような場所は皆無でした。さすがに晴れの日だと午後にはシャーベットになりますが、ロープウェイで800メートル上がればそこは別世界となります。

振子沢コースは一応雪崩の危険がなくなれば解放されるのですが、ほぼ3月中旬から滑走不可能状況が続いていました。訪問日も雪崩チェックでレスキューの人たちが滑っていたのですが、終日閉鎖だった模様です。

リフトの混雑はほぼなしで、レストランもお昼時でも空席ありでした。

草津国際スキー場は標高差がある分縦長なゲレンデなので、コースの混雑は来客数に比べて感じてしまうかと思います。特に振子沢が閉鎖だと白根火山ロープウェイからの下山は清水沢コースしかなく、そこからの下山はしゃくなげコースしかないので人が集中します。

天狗山ゲレンデは横に広がっているので、人も分散され、混雑はさほど感じませんでした。

カテゴリー: 群馬, 関越道 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.