草津国際スキー場 ゲレンデ・コース・難易度

ここのゲレンデの難易度は斜度というよりも、コース幅の狭さによるところが大きいです。

ロープウェイから滑り降りる振り子沢コースは特に狭い(ほとんどのところで幅10メートルない)ので、誰もいなければ余裕ですが、人が多いときはかなり神経を使います。純粋に初心者向けといえるゆるい斜面は天狗山ゲレンデの右端にしかなくて、まったくの初心者を連れてくるのはお勧めできません。

ゲレンデトップからのトドマツコースも振り子沢に負けず劣らず狭いですが、こちらはロープウェイからさらに一本リフトを登らないとならないため人数は少なめです。トドマツコースの反対側の本白根第二ゲレンデはめったにオープンしないので、オープンしてたら必ず滑っておきましょう。

またコース途中に上り坂がある(しゃくなげ)ところや平坦なところ(清水沢連絡コース)があるため、スノーボードの方はかなりストレスがたまると思われます。

人がいない時間帯であれば標高差のあるロング滑走が楽しめますので、ロープウェイ解放直後に行くのがお勧めです。

コブは天狗の壁と呼ばれるところに自然コブが発生します。センターハウス正面なので注目の的間違いなし。

白根火山ロープウェイの山麓にある青葉山ゲレンデは奥まった位置にあるのでいつでもすいています。出だしが急斜面ですが、奥のゲレンデは初級者でも行けるでしょうし、袋小路なので迷う心配もありません。

カテゴリー: 群馬 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.