川場スキー場 混雑 リフト待ち情報

川場スキー場は沼田ICから近いこともあり、またバスツアーも多いので混雑はありますが、
幸いベースのリフトの輸送力がクワッドリフト2本と高いので、壮絶なリフト待ちにはこれまで遭遇したことはありません。

一番混雑するリフトは川場スキー場最長のクリスタルエクスプレスです。こちらは群馬県では珍しいフード付きクワッドリフトなのと、中級者でも山頂からロングコース(クリスタルコース)があるので常時リフト待ちがある印象です。むちゃくちゃ混んでくると相乗りレーンを作ってくれますが、常時作っているわけではないのが残念です。
(クワッドに定員乗車させないと、ペアリフトなみの輸送力になってしまう)

川場スキー場では抜群のリフト輸送力の副作用として、コースやゲレンデに滑走者が多いと思われます。
これは新規開発スキー場の常として広範囲に森林を伐採できず、コースが狭くならざるを得ないところから来ています。

特に桜川コースはほぼすべてのリフトからの滑走者が通るコースのため、接触の危険があるほどの人口密度です。幸いにして斜度はないのですが、ゲレンデの混雑感はほかのゲレンデに比べると高いほうでしょう。

クワッド以外のリフトを利用するコースは比較的すいてますので、中級以上の方はこれらをヘビーにまわすとよいでしょう。

レストランは立体駐車場の川場シティにいろんなバリエーションがあります。インドカレーなんかもあるのでぜひ一回りみてみてから気に入ったところに入ってみてください。吹雪いて来ると寒さが半端ないのでレストランも混雑しがちです。11時までには入るか、14時以降にずらすかしたほうがよいでしょう。

川場スキー場 取材レポートに戻る

カテゴリー: 群馬, 関越道 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.