ブランシュたかやま ゲレンデ・コース・難易度

ブランシュたかやまは第一駐車場からアクセスできる下部ゲレンデと第二駐車場より上の上部ゲレンデで大きく難易度が変わります。

まずゲレンデ下部にはキッズランドやしなの鉄道の115系休憩室などがあり、リフトもほぼ平坦で一直線なコースのためのペアリフトしかありません。ここのペアリフトから下に降りた場合は絶対ゲレンデベースにたどり着けるので初級者、家族ずれには下部ゲレンデがよいでしょう。
唯一の難点はこのペアリフトが長いうえにゆっくりなので一本降りてくるのにかなり時間を要することでしょうか?

ゲレンデ中部より上のゲレンデは中級者向けのゲレンデ構成となっています。
高速クワッドの左側に見えるのがスラロームコースで。ほぼ一直線の整地バーンとなっています。
かなり飛ばしている人が多いですね。

その奥には訪問時は滑れなかったのですが、パノラマコースがあります。スラロームコースと同じ斜面ですので難易度も一緒かと思われます。

クワッドリフトから見て右側にそれるコースはジャイアントコースとロマンチックコースになります。ロマンチックコースのほうが若干斜度がゆるくて、ジャイアントコースは斜度がある分人は少ないです。どちらのコースもクワッドリフトに戻るにはちょっと不便なところに降りてきます。

ジャイアントコースからアクセスできる第3ペアリフトに乗ると、山頂への展望台へ一番近いブランシュたかやまのトップにアクセスできます。ここからのもみの木樹氷コースは山頂から大きく迂回する初級者コースです。
景色がよいので初級者じゃなくても楽しめると思います。後半第3ペアからクワッド方面へ戻る連絡路が幅狭い&平坦なのでご注意ください。

第4ロマンスリフトは短いペアリフトでファンタジーコースという短めのバーン専用のリフトといったところです。

ブランシュたかやまはほぼ人工雪でコースをカバーしてますが、唯一天然雪のみのコースがエキスパートコースです。残念ながら訪問時は雪不足で滑れませんでした!

結構な人が滑っていますが、斜面の幅が広かったからかコブが目立つことはなかったです。
(春スキーだとコブになるかも)

カテゴリー: 中央道, 長野 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.