ゲレンデの混雑・リフト待ちパターン

ゲレンデのリフト待ちのパターンはどのゲレンデもパターンが決まっています。

基本的に朝一は比較的すいていますが、10時半ぐらいから11時半ぐらいに午前中のリフト待ちピークがやってきます。さすがに午前中に一本も滑らないで休憩する人は少ないのと、渋滞で到着が遅れた人もこの時間には続々到着するためリフト待ちのピークがやってきます。

午後のリフト待ちピークは皆がお昼を終える13時半から14時半でしょうか。

逆にこのリフト待ちがある時間帯はレストランは空いているので、リフト待ちが増えてきたらさっさとレストランに入るか、もしくは13時過ぎまでリフト待ちが少ないリフト(上級者向けコースなど)に逃げて時間差で混雑を避けるとよいでしょう。

またクワッドリフトなど4人乗りのリフトを定員乗車誘導させているかそうでないかで、列の進み方が全然違うので相乗り(一人乗り)レーンがあるリフトを混雑時こそ有効利用したいものです。

その他、混雑を考える上で考慮したい曜日の傾向としては、
泊まりの人が多い、土曜日は混雑が遅くまで続き、泊まりの人が朝早く行動できる日曜は午前中の混雑が激しいです。

また晴天のときはゲレンデに人が多く、吹雪のときはゲレンデはガラガラでレストランは避難してきた人でなかなか席があかないというパターンが多いです。

実地調査済み各ゲレンデ混雑・リフト待ち情報は以下のリンクからどうぞ

奥利根スノーパーク 混雑 リフト待ち情報

石打丸山 混雑・リフト待ち情報

川場スキー場 混雑 リフト待ち情報

草津国際スキー場 混雑 リフト待ち(三連休中日)

カテゴリー: 雪山Tips タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.