UnsupportedClassVersionError対処法その2

昨日も出た。
前回のエントリーでは以前のバージョンでクラスのコンパイルし直しだったが、今回の根本原因はJDKが複数はいっており、古いJDKで実行しようとしていたことであった。
なのでJDK6にJAVA_HOMEを向けてやれば再コンパイル不要。
たまに行儀悪いアプリケーションが勝手にJDKのパスを書き換えて、知らない間に動作しなくなることもあるので、どのアプリを実行するにしても個別にJAVA_HOMEを設定しておくことをお勧めする。

カテゴリー: Java タグ: パーマリンク

1 Response to UnsupportedClassVersionError対処法その2

  1. ピンバック: Java classファイルがどのバージョンでコンパイルされたのかを調べる | Rutakeの技術メモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.